九州へ14日間の旅 室蘭−博多フェリーを利用
ー小樽市 Fさんー

室蘭発3月3日23:55−博多着5日18:30。

3月6日(曇り)〜博多から虹の松原、唐津城見学。

寺浦温泉にて刺身定食¥1.000で昼食、夜のおかずに煮魚を作ってもらう。

平戸大橋を渡り「生月大橋道の駅」泊。

7日(雨)〜平戸隠れキリシタン資料館見学、平戸城、ザビエル協会、タラビ協会、佐世保、ハウステンボス駐車場泊。

8日(晴〜嬉野温泉へ、買い物コインランドリーで洗濯、大崎半島の国民宿舎「くじゃく荘」で入浴。

9日(晴)〜長崎平和公園、浦上天主堂、原爆資料館、ゲラバー邸、島原、偶然寄った焼肉店駐車場泊。

10日(晴)〜フェリー「スーパーアロー」で熊本へ、阿蘇山では小雪、早々に下山し「小国町道の駅」泊。

11日(晴)〜湯布院に行く途中、「田舎豆腐」の看板見つける¥315美味しい、別府、海地地獄巡り、「紫石温泉」が安くて良いと聞き行く。温泉で宿泊できそうな場所を聞き市のサッカー場を教えてもらう。別府の町を一望しながら一泊。

12日(曇)〜朝、目を覚ますと散歩中の人に車内見せて欲しいとのこと少々散らかっていたが見せる。中国道を通って広島県「ふぉレスト君田の湯」刺身定食、岩魚の塩焼き、地麦酒、泊。

13日(晴)〜長距離移動のため朝食はコンビニのサンドイッチ。出雲大社、宍道湖、関の五本松、鳥取羽合温泉入浴、東郷池公園駐車場泊。

14日(晴)〜湯村温泉で娘の夫の両親(尼崎在住)と待ち合わせ。町を散策。夕食後「青垣道の駅」で夜遅くまで積もる話をして別れる。

15日(雨)〜福井県永平寺をお参り。雨のため予定を変え湯涌温泉へ。村営温泉はあいにく定休日、近くのホテルに入浴と駐車お願いする。

16日(曇)〜高速で糸魚川まで行く。小谷村、白馬、戸隠、山岳路を長野へ、善光寺参拝、長野市の24時間風呂に大金を払い入館したが落ち着かず早々に駐車場の我が家へ。

17日(晴)〜茨城県下館市の叔母宅に向かう、カーナビの指示で無事到着。

18日(晴)〜つくば市に居るもう一人の叔母宅を尋ねる。

19日(曇)〜日光東照宮参拝、雨が強くなってきたので予定を早め福島県「喜多の郷道の駅」泊、蔵の湯に入浴。

20日(雨)〜会津若松城見学。天候悪く早めに移動、高速で新潟フェリー埠頭に。23:50小樽行きに乗る。

21日(雪)〜フェリーはほとんど揺れもなく定刻前に小樽着、無事我が家に到着。

「旅のまとめ」〜今回の旅行の目的は二つ。九州に行くこと、2人の叔母を訪ねることでした。

基本的にキャンピングカーに泊まる(100%達成)、

自炊する(60%達成)、

歴史的に現存する建物を見る(25件)と計画の85%程度達成できたと考えます。

走行距離:3.372km。使用燃料:軽油455g¥34.439。
フェリー料金:¥121.640。高速料金:¥37.760。温泉料金¥17.870(2人で)。