釣れて釣れてもうたいへん  -大成町でほっけ釣り-
ー札幌市 Yさん
ベテラン釣師一家Uさんに誘われてのほっけ釣り、
今回は2回目ということもあり多少様子がわかってきたので、
よし釣るぞと!張り切って参加。

「竿も餌も全部用意してあるからクーラーボックスだけ持っておいで」
という心強いお言葉に甘え、会社の仲間と娘と3人で出掛けました。

釣り場は道南の大成町、道の駅「てっくいランド大成」で待ち合わせ。

通常に仕事を終えてから出発。、
途中でラーメンを食べ、大成町の道の駅についたのは夜中の12時ごろでした。
すでにUさんのキャンピングカーはひっそり。
とうに御就寝らしい。

他にもう一台、同じトライエックス会のNさんのキャンピングカーが
偶然泊まっていましたが、こちらもすでにお休みの様子。

広い駐車場には他に車もなかったため、海風や傾斜を考え少し離れたところに停車。
ポップアップルーフを上げ大急ぎでナイトキャップをぐいぐいで
「おやすみなさい!」。

翌朝600頃起床。
ベテランUさんはすでに朝食も済ませ準備完了。
昨夜泊まっていたNさんはすでに出発したらしく、すれ違いでした。

我々も大急ぎで洗顔し、
得意のコンビニおにぎりで朝食を!と思いきや
ぱっと目に付いたチキンカツカレー。
朝からボリューム満点の食事をしっかり食べ、いざ出陣となりました。

Uさんの後について車で20分ほど走るとお目当ての漁場らしい岩場に到着。
風もなく、この時期にしては暖かく穏やかな気候で
まさに釣り日和。

着る物はたっぷり用意して行きましたが風もなくそれほど寒さを感じません。
・・・と、そんな話をしているうち、
ベテランUさん夫婦による竿と仕掛けの完璧な準備で、
「魚がきたよ!」とお呼びがかかる。

日本海の綺麗なブルーの海に魚影が見え
あとは30cm前後のほっけの入れ食い状態が続きます。

Uさんの話によるとほっけ釣りは、釣る事は誰でもできるので、
いかに早く魚を寄せてその群れを散らばせないかに限るとのこと。
今年も、3時間ほどで大型クーラーボックス4個は一杯になりました。

中2の娘はUさんの
「来年は受験で来れないかもしれないから来年の分まで思いっきり釣って行きなさい」
の言葉にやる気満々。
さらに一人で100匹ほど釣り上げていました。

あまりの釣果、あまりの収獲に、温泉に寄る予定も変更して直帰。
夜遅くまでほっけを開いたり、干したり、知り合いに配ったり。
この時期のほっけは味もよく、皆に大喜びされました。

キャンピングカーでの待ち合わせは場所だけ決めておけばよく、
細かく時間を気にする必要もないのでまったく楽です。

仕事の予定を変えることもなく、それにあわせて出発し、
ゆっくり走るせいか5時間程度の運転では疲れることもありません。
短い睡眠時間でも、家同様の快眠で、翌朝は、まさに快適な一日の始まり。

何をして遊ぶにも、気力満々です。