東北キャラバン」 -5月の連休を利用して東北へ-
ートライエックス会ー
東北の旅

2001年は北海道一周キャラバンを行いましたが、
今年は北海道はいつでも行けるよ!との意見も多く
それでは思い切って津軽海峡を渡って!
となりました。

・予定は温泉付の道の駅を中心に4月28日いかりがせきに集合
・5月6日浅虫温泉で解散
・今回は観光が主目的で各自それぞれ自由に観光して夕方に道の駅で合流
・一部参加や途中参加も自由
こんな大まかな予定でスタートしました。

4.28  いかりがせき
4.29  てんのう
4.30  鳥海
5.01  おおえ
5.02  三本木
5.03  とうわ
5.04  たのはた
5.05  おおの
5.06  浅虫温泉
東北キャラバン1」  トレーラから変えたアトムで!
ー芽室町 Hさんー
東北キャラバン顛末記

4月26日(金)晴れ
 20:00芽室町発。

4月27日(土)晴れ
 6:00室蘭発、14:30八戸着のフェリーに乗船。
 天候は良かったが多少のうねりあり。
 八戸の義姉宅に泊まる。

4月28日(日)晴れ
 奥入瀬渓流館を見た後、奥入瀬渓流沿いに十和田湖を目指す。
 十和田湖に着き観光船乗り場から右折、
 湖を一周しながらいかりがせき道の駅を目指そうと思ったが
 なぜかまた奥入瀬渓流を逆に戻るコースに入ってしまった。
 途中で引き返して今度は左折、何とか道の駅に到着。
 このときナビゲーションが作動しなかったので故障かと思ったら、
 他のメンバーも同様だった。 
 道路を覆う樹木のせいか何か磁場があるのか、
 不思議な体験をした。
 その後ナビは正常に作動。
  
 いかりがせき道の駅7:45到着。
 すでに3台の車が着いていた。
 そして次々に到着、この日は総勢7台となる。

4月29日(月)晴れ
 N車と行動を共にする。
 かずの道の駅で昼食を取りがてら、
 きりたんぽ作りと南部煎餅焼きの体験をする。
 その後マインランド尾去沢で鉱石採掘現場の見学と
 シューティングゲームに興じる。
 天皇道の駅9:30到着。
 この日は5台で過ごす。

4月30日(火)雨
 N車、K車と一緒に回る。
 雨と風の中男鹿半島を一周し、男鹿水族館、なまはげ館、
 なまはげ伝承館、体験館を見てまわる。
 集合場所が鳥海道の駅から象潟道の駅に変更。
 20:05到着。すでに4台が着いていた。

5月1日(木)霧のち曇り午後晴れ
 朝一番でT車が到着。
 とざわ道の駅に13:00集合し、バラバラに出発。
 N車と奈曽の白滝を見学してから道の駅へ向かう。
 宿泊地おおえ道の駅に寄った後、友人と待ち合わせて温泉に行く。
 道の駅に戻ると1台に7〜8人集まり宴会となっていた。

5月2日(金)晴れ
 松島を観光した後、三本木道の駅へ。
 4台合流。
 M車は明日から四国・九州の旅に出るので最後の夜となる。
 2ヶ月の予定とのこと。

5月3日(金)晴れ
 K車、N車と共に猊鼻渓国の川下りと湯田温泉の砂ゆっこで砂風呂を体験。
 とうわ道の駅は出来たばかりなのでまだ砂利路面での宿泊となった。
 19:00に着いたときには既に4台が着いていた。
 その後新たにS車、O車が参加、
 20:30にはサファリパークへ行っていたK車も戻ってきた。

5月4日(土)朝方曇りのち晴れ
 釜石大観音と浄土ヶ浜を観光し19:00、たのはた道の駅到着。
 夜は外で宴会となったが小雨が降ってきて早々に切り上げる。

5月5日(日)晴れ
 おおの道の駅までは殆ど見る所がなく14:00には着いてしまった。
 フェスティバルをやっていたので時間つぶしができる。
 お風呂にもゆっくり入る。
 K車、N車、K車と私との4台で幌馬車のように囲い、その中で宴会。
 最終日の夜を過ごす。

5月6日(月)晴れ
 八戸の義姉のところへ。
 17:30八戸発のフェリーに乗船。

5月7日(火)晴れ
 1:30室蘭着。
 みたら道の駅に泊まり、6:00芽室に向かう。

総走行距離:1.979km。
給油:226.2リットル
参加者:11名
東北キャラバン2」  ケチケチでゴージャスな旅へ!
ー岩見沢市 Nさんー
東北キャラバン2002に参加
-ケチケチで,なおかつゴージャスな旅をめざして-

◆29日,朝突然電話がなる。まだ自宅のベッドの上だった。
「今日のツアーどうなってんのサ」
「ん?!今日,船で秋田に向かうよ」
Kさんが「碇ケ関道の駅」からかけた携帯だ。
本当に便利なもんだね,すぐ近くにいるように聞えるんだから。
「Mさんと連絡とれないんだよ動向を知りたいんだけど・・・・」

昨日から始まった東北キャラバンツアー,こちらは1日遅れで出発する予定である。
1ヶ月前から安いフェリーを予約しようと思って
インターネットでシルバー,東日本,新日本海フェリーなどを調べたが,
なんていったってダントツが新日本海フェリーの苫小牧-秋田間で,
カミさんと2人で(片道2等寝台)を含め,
往復料金が3万3千円の格安。
これに決めた!でも,27日は満席,28日は運休。
しかたなく29日出航となった。

◆30日,朝,「天王」に着き,N車,Kb車,Kt車,H車,T車,T車,Kw車と合流。
I車は昨日帰ったという。あいにくの雨,「あんた,雨ひっぱって来たんじゃないの?」
なんて言われながら小さくなって朝飯を食う。
「鳥海」行きの予定が,合議で「象潟」の温泉が良いということになり変更。

◆5月1日,雨も止んで象潟の裏の海浜を散策,
いいロケーションだ。温泉を含めて星4つの評価にしようかな。
次は「大江」に向かう。

「戸沢道の駅」に集結し3時出発。
デカイヤツが7台も連ねて走るものだから対向車はタマゲて見ていた。
おまけに速ぇーワ速ぇーワ!こちとらナビを積んでいないから
見失って迷い子(いや,迷いジジイ)になったら困るから
必死になってついていった。
赤信号になって,ヒヤッとしたら,さすが心の優しい先導車,
ウインカーを出して待っててくれた。

M車と合流,N車は別行動となる。
「大江道の駅」は小さいし星3つとしよう。
風も出て寒かったが持ち寄りでビールを呑んだ。
あの小さいポップアップ車に入れ替わり
ギュウギュウ詰でテーブル置いてよく7人も入ったものだ。

◆2日,「三本木道の駅」をめざす。
皆別々のコースで走るが,山寺は見逃せない所なので外せなかった。
それにしても千十六段の階段はきつかった。
「三本木」は星3つだな。

◆3日,「とうわ」をめざすが,道中,3車同じ方向なので,H車とKb車についていき
「猊鼻渓」の川下としゃれこみ,「砂湯っこ」で砂風呂にはいった。
おもむきがあっていいものだね。
でも,ケツが熱くてもう少しで悲鳴をあげようとしたとき15分がたったよ。
「東和道の駅」は星3つかな。
安いものが買えたと喜んでいる人もいたので4かな?
ここは国宝の毘沙門天があったり,
乳幼児の泣き相撲や南部曲り家民家があったりして結構有名な所であった。
M車が別行動となり,S車,O車が合流し8台となった。

◆4日,「田野畑道の駅}に向うが途中遠野の民話を聞いたり
浄土ヶ浜から遊覧船に乗って楽しかった。
温泉はないけど公園がきれいなので星3こ。

◆5日,「大野道の駅」星3こだね,あまりインパクトがない。
あるとすればN車合流パーティーで盛り上がったこと。
車を4台で囲んで中庭をつくるとウソのような凪であり
台風だってクソ喰らえである。
次の日は最終の「浅虫」であるが,ゴールデンウイーク最終日でもあり
帰る人も多く別行動をとる人もいるため,
浅虫を中止し,ここが最終道の駅となった。

キャンパー仲間はそれぞれ強烈な個性を持ち,てんでんバラバラ。
そのはずだよ,異年齢,異業種の集まりでひとり一人が自信を持って
自分の価値観を崩さない。
文化史跡の好きな人,登山,観光,温泉,ファミリー団欒など多様であり,
確固たるアイデンティティーを携えているようである。
でも,ひとつだけ共通しているものがある。
それはアウトドアー,キャンピングカー生活が
この上なく好きな連中の集まりであるということ。
これがいい,これからもこの大好きな仲間たちとの
楽しく過ごせる企画実現を多く願っている。

追伸-M車から電話が入った。
今,埼玉県にいるとのこと「25日の滝ノ上には行けないね」
彼のロングランはまだひき続き,終わっていないのである。

80歳のパワーと意欲に脱帽!
東北キャラバン3」 行けるわけないでしょ!
ー札幌市 Sさんー
東北の旅

トライエックス東北キャラバン。
我が家も行きたいなぁ・・・。
と思いつつ、どこへ行こうか・・・。
と、誰かが「チューリップが見たい!」
その瞬間、じゃあ上湧別に行きましょう!
乗りのいいのが我が家。(良いか悪いかは別として)

4月28日昼頃出発。
その日は上川のパーキングで泊まり、上湧別へ。
チューリップは三分咲き。
早々に後にしてオホーツク、北見を回って帰る。

翌日子供たちは学校へ。
妻と2人で、後半のゴールデンウィークどうしようか・・・・

「東北、行きたいなあ」
「行けるわけないでしょ!」
「フェリー乗りたいなあ」
「お金かかるでしょ!」
「行きたいなあ。行こうか!」
「・・・・えェ〜〜〜」

ハイ、決まり。
早々にフェリーの予約。

5月2日16:00 札幌出発!
キャラバン隊とは3日の東和、4日の田野畑で合流を予定。

21:00函館フェリー乗り場に到着。
駐車場にJB490発見。やはり子供のいるO車だった。
東和道の駅での再開を約束してお先に乗船。

4:17青森着。
良いお天気の、初めての青森。
まずは奥入瀬へ行こうと、途中八甲田山へ。
朝日を浴びた後藤伍長の像。
今回の旅行の無事を祈り奥入瀬に向かう。
石ヶ戸休憩所で昼食。
その後徒歩で渓流を見ながら十和田湖へ。
おとめの像でハイポーズ。
きりたんぽ工房、不動の滝と、けっこう満喫。

昼食は雑誌を頼りにラーメン屋を探すが、ない。
やっと見つけたら、なんと建物は火事の後!
残念というか、お気の毒というか・・・。

17:30とうわ道の駅到着。
O車はすでに来ていて、言うまでもなく夜遅くまで飲んだ。

5月4日、O車と行動を共に、宮沢賢治記念館、手づくり村へ。
ここでは煎餅焼きを体験。
その後小岩井農場へソフトクリームを買うためだけに行き、
続いて今回の旅の目的、わんこそば「東屋総本店」へ。
Oファミリーとわんこバトル。
我が家5人で219杯。Oファミリー4人で**杯。

そしてO車と分かれて田野畑道の駅へ。
キャラバン隊は集まって宴会中。
妻と2人で即合流。
こんな所で一緒に酒を飲める喜び、来て良かったなあ。

5月5日、竜泉洞、浄土ヶ浜と見て回り、
奥入瀬観光ホテルの駐車場で最後の夜。
温泉も気持ちよく、最高の気分で東北最後の酒。
なんともいえない充実感・・・いつのまにか夢の中へ・・・。
 
5月6日、青森出発の朝。天気も申し分なく、青森物産センターでお土産を買う。
往きと違って津軽、下北半島を見ながら旅に終わりを感じる。
札幌の我が家についたのは21:00。

4泊5日の旅。5人でフェリー代¥32.360。燃料¥13.547
外食は2回だけだったが、これもキャンピングカーの良いところ!?