「ペット同伴の旅 PART−2」
ー千歳市 Mさんー

2003年の最後のキャンプそして2004年の初キャンプをかねて
初日の出を見に襟裳岬まで行って来ました!

12月30日家の大掃除もすませアトムに荷物を積み込む。
キャンピングカーの旅は予定を気にせず出かけられるのが良いところ、
我が家の出発はいつも昼過ぎです。

道道10号線を鵡川に向かいそこから国道235号線へ、
静内を過ぎるころにはすっかり日も落ち夜となりました。

三石町の温泉「三石温泉」が今夜のお風呂、温泉巡りも旅行の楽しみの一つです。
海に面した三石温泉は小高い丘の上にある宿泊施設を備えた温泉です。

茶褐色のお湯はナトリュウム塩化物炭酸水素泉、身体をゆっくりと温めてくれました。

さて、今夜のキャンプ地はどこにしようかまだ決めていませんでした。
我が家ではいつも行き当たりばったりの旅。

三石温泉から国道235号線を浦河方面に少し走り
三石漁港を今夜のキャンプ地に決めました!

我が家のPキャンポイントの条件はトイレが近くにあること、
そして犬を散歩できる公園があること、
そしてあまり人がいないことです。

キャンピングカーにトイレは付いているのですが我が家ではあくまで非常用として使っています。

今夜の夕食はキムチ鍋、温泉で温まった体を今度は中から温めました

12月31日犬をつれて漁港を散歩すると日の丸と大漁旗を飾った漁船が港に並んでいました。

目的地の襟裳岬はもう目と鼻の先、
アトムは国道235号線から国道336号線へ一路襟裳岬に向かいました。

えりも町につくころには天気は雨、
襟裳岬の駐車場は静かなもので誰もいませんでした。
風の街えりもの名のとおりとても強い風が吹いていました。
天気も悪いのでひとまず襟裳岬を後にしてえりも町市街を散策
今夜の年越しそばを食べられる店を探しに行きました。

国道沿いにそば屋を確認し今夜のお風呂を求めあちこち走り回りましたが
えりも町では見つけられず結局様似町の「アポイ山荘」まで戻ることになりました。

アポイ山荘で今日の営業を確認したところ夜の10時までやっているとのこと、
今夜のお風呂に決定しました。

まだ朝食をとっていなかったのでアポイ山荘の駐車場でちょっと遅めの朝食となりました。
食事のあと車のなかでしばしの夢枕、
まあ天気も悪いので大晦日はアトムで昼寝となりました。

夕方になり今夜のお風呂アポイ山荘のお湯へ
ここは二股ラジウム温泉の湯の花を使用した沸かし湯です。
温泉ではないのですがとても身体の温まるお湯でした。

お風呂は内湯が二つそれと露天風呂の三つのお風呂、
休憩所もとても綺麗でおすすめです。
みなさんも様似町に寄ったときは是非一度試してみてください!
とても身体が温まりますよ。
お風呂から上がって目的地である襟裳岬に向かいました。
元旦0時から交通規制が行われるので今夜は襟裳岬の駐車場で
Pキャンする事に決めました。

襟裳岬の駐車場は岬の丘陵にあり強風にさらされていました。
台風でもないのに強い風がビュウビュウ吹いてアトムはゆらゆら揺れていました。

強風のなか今夜の夕食はきりたんぽ鍋、やはり冬は鍋物が一番ですね!
時刻は夜の8時駐車場には3〜4台の車が止まっているばかり、
天気も暴風雨、本当に交通規制を行うほど車がくるのか疑問でした。

食事も終わり明日の日の出を拝むため今夜は早めに休むことにしましたが
風と雨の音のためなかなか寝付けません。
車がゆらゆら、雨がバシバシ、明日の日の出が見られるのか心配になるほど・・・・・

1月1日時計の針が午前0時を告げるころふと窓の外を見ると
沢山のパトカーがやってきました。
そんなに車は来ていないのにと思いつつまた夢の中へ・・・・・
目覚ましが朝6時を告げ窓の外を見ると周りは薄明るくなっていました。
駐車場は車でいっぱい!そして天気は快晴!
防寒着をしっかり着込み岬の先端に向かいました。

風の館の展望台には沢山の人がいたのでさらに岬の先端へ向かいました。
岬の先端では僕たち夫婦の他には一人だけ、
ここならゆっくり日の出を拝めそうでしたが、
日の出を迎えるころには沢山の人が集まって来ました。

天気にも恵まれ今年の初日の出はとても綺麗でした。
初日の出を迎えた後、給油のためえりも町に戻り町内のガソリンスタンドで給油、
予想どおりお年玉価格の軽油1リットル90円!
いつも70円前後で入れている僕はげげげっと思いましたが
まあ仕方がないとあきらめました・・・

給油の後、犬の散歩&朝食をとるためアポイキャンプ場に向かいました。
食事の後、国道336から235号を千歳に向かい車を走らせ、
今夜のお風呂厚真町の「こぶしの湯あつま」へ、
途中静内のマックスバリューで昼&夕のおかずを買いました。
地元のスーパーで買い物をするとその地方独特のものが売っていてとても楽しいものです。
厚真町に着くころには日も暮れて夜になりました。
キャンピングカーはでゆっくり走らせると、
車窓の景色を楽しんだり、所々寄り道をしたり、
のんびりとドライブを楽しめます。
それに眠くなったらどこでも眠られるが良いですね。

こぶしの湯あつまはラジウム鉱石のパワーを秘めたラドン湯、
お風呂はラドン湯、ジャグジー、サウナ、打たせ湯、そして露天風呂と盛りだくさん、
休憩所もとても綺麗です。

また宿泊施設もありのんびりと過ごすにはとてもよさそうでした。
今夜のPキャンはこぶしの湯あつまの駐車場にしました。
夕べのえりも岬とはかわりとても静かな夜でした。

1月2日朝こぶしの湯あつまを後に一路千歳に向かい車を走らせ、
途中早来町のときわキャンプ場で犬の散歩をすませ10時に自宅着、
初日の出キャンプが終わりました。

さて、今度は何処に行こうかな?