「わが愛車-ジル-と共に」
ー札幌市 Gさんー

わが愛車「ジル」を手にしたのは平成13年6月でした。
それまではハイエース・コミューターを8ナンバーで取り直した後、
中をコツコツ作り直した愛車を長年使って、自分なりに満足しておりました。

平成13年の春、新聞の展示会チラシを見つけ、なんとなく心に惹かれるものがあり、
展示会前夜

「明日のキャンピングカーの展示会見に行くか」
「なんで?」

と言う女房を連れて展示会へ。

各社のチラシを集めまくり毎夜毎夜、仕事から帰ると
予算・サイズ・レイアウトのチェックをし、最後に「ジル」に決定!

後はいかに女房を説得するか?・・・これが一番大変(どこも同じ、毎日あきらめずに)
ついに、「好きにすれば」


おかげさまで女房も大変気に入って、会社の夏季休暇を調整し、その年の13年には道東1週間、
14年には利尻、礼文へと愛車と共に初めてのフェリー乗船に感動・・・
(普段の行いが良すぎるせいか残念ながら雨がやむことなく稚内へ戻る)、
道北12日間と少しずつ増やしての長期旅行を楽しんでいました。

昨年春、短期ですが入院の必要性があり、
定年前ではありましたがこれからもっと自由に楽しみたくなり思い切って退職、
晴れて『自由人』となることが出来ました。

夏には体調も回復し、約半月間の道東旅行を楽しみ、念願の知床「ホテル地の涯」の直ぐ下にある無料天然温泉岩尾別温泉に夫婦で入浴でき、来ていた学生さんに記念写真を撮ってもらいました。
ここは天然の浴槽が段々畑状の三段になって上段から温泉が溢れ流れ、
温度も高く「最高に幸せ!」

その他、無料の秘湯川北温泉、知床横断道路の熊の湯、ガイドブックにない越川温泉など、穴場が沢山、旅館がなくてもキャンピングカーさえあればどこでもOK。

これからは、時間に拘束されることなく本当の『自由人』として愛車と共に楽しみたいと思っています。

少しずつ旅行期間を長くすることにより、
キャンピングライフのための改造・改良点を発見することができました。

結構ゴミが溜まるためのゴミ箱の取り付け、ガス釜の設置、ワンタッチベルトの作成、
調理作業台・姿見カガミ・洗濯物干し・その他(日曜大工が好きなため少しずつ細工しています・・・見に来てください。皆様のアイデアも教えて)

まだまだ仲間になりたての駆け出しです。色々ご指導お願いいたします。