「キャンピングカーがあればこそ」
ー伊達市 Uさんー

「バンコン」「JB470」「ジル」そして今はアトムです。

大成町でのホッケ釣りのとき、テストプライスで全国30台製作するという話があり、
4台目だからと社長に注文をつけまくり、
やっと我が家の生活パターンに100%満足のアトムが出来上がりました。

一昨年訪れた種子島で教えてもらった「アオリイカ」釣り、
そのときは小さな「甲イカ」が釣れました。

昨年は東北旅行しか出来ませんでしたが今年こそはと3月14日に室蘭港を出発、
直江津港から走り続け、鹿児島県串木野港から甑(コシキ)島に渡りました。

小さな島で、釣りえさを売っている店がないのです。
せっかく来たのだからと人間のエサ?のウルメイワシで釣りました。
20pもあるエサに、イカの方がびっくりして逃げるのではと思ったのに、
簡単に、胴長40p、2キロの「アオリイカ」が釣れたのです。

2ハイはバラしてしまいましたが、もうこれだけで大満足、
後はのんびり釣りと観光、パークゴルフ、温泉三昧で6月末に家に帰りました。

5度目の四国・九州でこれが最後だわねと言っていたのに、
次のイカ釣りはここが良いとか、次に向かって盛り上がっています。

我が家にとって生きていると言うことは、キャンピングカーがあってのことなのです。

旅の途中で逢った人達の中で、キャンピングカーに乗りたくて60歳で免許を取ったと言う人、
70歳でガンの手術をしたので残りの人生は好きに生きたいとキャンピングカーを買い10年と言う人、
キャンピングカーに乗るのに遅すぎると言うことはないと思いました。

66歳の私たち夫婦、なんさいまで頑張れるのかな??
何でここで記念撮影?知りたい方はTRY-Xで‥