「涼しさを求めて」
ー苫小牧市 Kさんー
苫小牧地方、夏本番となり涼しさを求めて道東方面に旅行す。

今年に入ってから、「ヌプントムラウシ」には3回訪ねており、
この時期、全国からの旅行者で混雑し「難民キャンプ」状態なので、
「然別峡」〜「養老牛」〜「清里町」回る。

8月10日「日勝峠」相変わらず濃霧走行。
「然別峡」に入ったらなんと、道路が舗装道路となっており、快適走行。

「菅野温泉」経由で「国設キャンプ場」手前300mまで舗装されており、
「菅野温泉」手前「国設キャンプ場」への分岐点林道は「ダート路面」で、
「ダート走行」少し楽しめます、キャンピングカー走行可能です。

「鹿の湯」入浴。「アブ」が多数徘徊しており、「アブ」の攻撃覚悟で入浴。
8月11日「養老牛」に向かう。現在「からまつの湯」への道路工事中。
後2〜3年かかる様子。

「からまつの湯」に「水着着用禁止」の看板デカデカと掲げており、
野湯の状態が失われている、野湯愛好者には残念。
「大阪ライダー」と入浴、道内旅行2回目とのこと、情報供す。

「清里町」「神の子池」に向かう、「神の子池」摩周湖の地下水の湧き出しでできた池で、
「コバルト色」した「神秘的な池」で心が現れます、一見の価値あり。
「清里町」「男鹿の滝」に向かう。

「男鹿の滝」我が家の「ペット」第1号の「タン吉(エゾ狸)」の故郷。
3回目の訪問で「斜里川林道」7km間は舗装道路となり、
さらに9kmほど砂利道ダート路面、
路面は平坦で上り下り少なく急カーブもなく道幅狭いだけ走りやすいダート路面です。

この滝は上流に川のない不思議な滝です。
「斜里岳」の「銀嶺水」が1日3万トンも岩から湧き出しています、涼しさ格別です。
「羆」出没しますので「要注意」です。
11日の「Pキャン」「オンネトー」町営駐車場、外灯あり、水洗トイレあり。
入浴、「野中オンネトー温泉」最高な温泉です。
現在「雌阿寒岳」「入山禁止」ですので駐車場空いています。

8月11日泊車、キャンピングカー2台乗用車2台RV車1台でした。

12日帰途、日勝峠清水町ドライブイン付近の登坂線で「ネズミ採り」が行われていた。
峠の登坂線での「ネズミ採り」初めて見ました。

当方「エコドライブ」で無事通過、皆さん、注意が必要です。