「中川町ナポートパークでのキャンプに参加して」
ー札幌市 T さんー

キャンピングカーを手に入れ丸二年。
今回初めて中川町にあるナポートパークでのキャンプに参加させていただきました。  

丹野家にとっては、初の中川町ということもあり、丹野の両親も誘いいざ出発。
子供たちに『(到着は)まだ・・・?』と何度も聞かれ、
途中名寄のSLを見たりして、約6時間かかり中川町に到着しました。

到着して間もなく行われた「アヒルレース※」に参加しました。

※アヒルレースとは  
大人と子供に分かれ、番号が書かれたアヒルのおもちゃをキャンプ場内の小川の上流から一斉にスタートさせ、ゴールまで行く途中の石や、水の流れによって抜きつ抜かれつ順位を競うというもの。

上位5名が景品をもらえるということで、思いのほかそれぞれ1回きりのレースに
大人たちも熱くなっていました。  

結果は娘が2位に入りお菓子をGET!!

大人の景品は生ビール2杯分の券。

こちらは途中まで2位だったのに、残念ながら最後のカーブで石に激突し・・・。
ご夫婦で獲得された方もいらしたようです。とてもわくわくして楽しめました。
1日目の夜中、低気圧の影響で雷の花火大会?とでも言えるくらい空がビカビカ光り、音も豪快でした。

豪雨も伴ってひどい嵐となり、眠れない夜を過ごしました。私自信あんなにたくさんの雷を見たのは初めての経験でした。  

翌朝、難民キャンプかのようなブルーシートテントは一部崩壊していました。
天気は徐々に回復して行きましたが、夜中の豪雨で国道が通行止めになってしまいました。

天塩川も増水し流木が混じった濁流でした。予定していた川遊びもできず、通行止め解除のタイミングをみて、エコミュージアムセンターへ行って大きな化石を観賞してきました。

その後、ホテルのプールで遊び、温泉と花火で遊び、復旧した難民キャンプでの楽しいお話に子供達も楽しんでいました。
2泊のキャンプを終え、帰りは音威子府駅で有名な黒いそばを食べ、
美深の道の駅でお土産を買い、ここに隣接するキャンプ場を覗いて来ました。
とても混んでいましたが、子供が楽しめそうな遊び場も有り、いつか訪れてみたい所でした。
帰りの車の中では、子供達もZZZ・・・。とても楽しい夏休みの思い出となりました。  

運転を頑張ってくれたお父さんありがとう。お疲れ様でした。  

このキャンプには8家族が参加しました。
今度はもっとゆっくり婦人部のみなさんともお話したいです。美味しいお料理ごちそうさまでした。

まだまだ初心者ですので、色々な工夫を教えていただきたいです。今後ともよろしくお願いします。
そして、日ごろからお世話になっているYTMさん、たくさんのお小遣いをいただきありがとうございました。
息子とのバドミントンの相手をしていただき、子供からYTMさんとバドミントンできて楽しかったと嬉しそうに報告有りました。

PS 私がキャンプ中にたまたま??歳の誕生日を迎え、この宿題をいただきました。
帰って来てから、息子は夏休みの読書感想文に頭を悩ませ、私もこの文章の作成に頭を悩ませながら、ようやく宿題を終えることができました。